Garakuta集め

出会いにタカラモノもガラクタもあった。

出会いと別れが瞬時

SNSでフォローしてくれている人と、

そういや、1回会ってみたことあったなーっていう話。

 

私の発信に、つぶさに共感をくれる人で、

こちらもフォローをしていた。

 

女子かと思っていた。

個人のメッセージにある日、連絡がきた。

 

雑談が2、3日続いていたと思う。

 

で、面白いから飲みに行こうよって誘いがあった。

 

 

で、待ち合わせ場所で待ってると、こねぇ!

 

「どこそこで待ってるよ」。

ってSNSのやり取りしてる場で連絡入れたら、

 

「出るの遅くなって、俺、遅れるわ」

 

は?

俺?俺??俺っとな。

 

あ、俺なんすか。

一人称が俺なのかな?

 

きたら、昭和テイストな髪形「イメージ神田川」な

若い男性が来ました。

 

・・・・・。

 

会って早々、お金下したいと言うから、銀行まで付き合いました。

 

さて、ここからです。

SNSでの出会いの注意!

 

というものがあるならば。

 

彼は一回り年下でした。

 

清潔感もあり、(髪がどうも中途半端にのびていて昭和な感じでしたが)

 

なんつーか、私も知らない時代のマチャアキさんですか?

 

f:id:garaku-ta:20190401011112j:plain

こんなヘアスタイルにトックリと呼んだ方がしっくりくる

タートルネックのニットでしたね。

 

些か、カバンの擦り切れ具合から

「アニメ系の仕事」臭は感じ取れましたが。

 

さて、SNSでのメッセージでは、収入が低いけど

やりがいある仕事と聞いていたので、アニメの仕事の人との会話は初めてです。

 

銀行の付き合いも終わり、彼(女だと思ってたのに)の知っている

居酒屋へ行くことに。

 

まぁ、お決まりなんですかね。自己紹介からお互いの仕事の話を始めましたが、

「お金ない」を仕切りに言ってきやがります。

「あぁ、そうなんですね、でもやりがいあるって言ってましたよね?」

と、返すと

どうも、彼は地方で酒蔵で働いていたらしく、役職も付いていたそうで

その時の貯金を切り崩して東京で高い家賃のマンションに住んでいるみたいですが、

どうも、底を尽きそうという。。。

 

ループする

お金ない話題。

 

いやいや、自分で選んだ道でしょ?

知らんがな。

 

向こうから

「メッセージで言ったの覚えてる?お互いの給与明細見せ合おうよ」

いや、確かにそういう話題をあなたは振ってたけど、

そんなの、ただのネタだと思うじゃん。

 

ガチでコイツ、見せてきた。

 

いや、アニメ業界と言っても色々あると思うけど

凄いね、月給。つか、もらってる方じゃないの?

 

「姉さん、俺より貰ってるでしょ?」

 

(うん、あなたより10万多いと思うよ。と思ったけど、言わなかった。)

「いや~私もこの年齢で新人だから、下積み中で、そんな大差ないよ?」と

伝えたけど、どうも

今日の食事代を払う気は全くないのが見え隠れしてる

 

いや、割り勘だけど。。そのつもりだけど。

 

一軒目は、馬鹿に安い居酒屋なのでおごった。

二軒目、着座。と、同時に今の恋の悩みを言い始める「俺」君。

 

どうやら、SNSで私の様に引っかかるものがあって、

自分からメッセージを送ってやり取りしているうちに会う事になって、

会ってみたら自分より年下の子持ちの女性だったそう。

 

3回目に会った時に体の関係になり、ズルズルと続いて、

そのうちに、彼女の子供も一緒に会うようになり、子供も自分になついてきている。と。

 

その子供というのも、まだ1歳半とか。

 

週1位で自分の仕事が忙しくない時に自身の部屋で逢瀬を重ね、

彼女は旦那が家に帰ってくるギリギリの時間まで、子供と一緒に「俺」君の部屋に

いるらしい。

 

「どーーーーしょーーーーー!

俺、彼女と一緒になりたいんですよね!」

 

知らんがな。

つか、完全に間男じゃん。

そして、

このテーブルの会計もあわよくば、払わないで帰ろうとしてるだろ、お前・・・。

 

とりあえず、聞いても仕方ない話を聞くことにした。

 

「どうしたいんですか?俺君は?」と、問う私に、

「え?一緒に居たいし、彼女の旦那は家を顧みないで寂しい思いさせてるようで」

いやー、正直私も子供はいなかったけど、

自宅警備してた事あったけど・・・。

 

ある程度、要領よく家事できて働いてなかったら結構暇。

まぁ、この対象の彼女は赤ちゃんがいるから、何か旦那さんに子育てや家事で

不満があって、気晴らしにSNSに顔出してただけかもしれんし。

そもそも、SNSってメンヘラ多くね?(←偏見な言い回しですみません)

とか思いながら・・・・。

 

「そうかー。夫婦の事は夫婦でしかわからないから、

正直に俺君に言ってるとも思えないんだよな。

単純に火遊びしたかっただけかもしれないじゃん。

 

そもそも、俺君が一人で舞い上がってる可能性は無いのかい?

彼女から、何か一緒に居たいとか言われたとかあるの?」

(それこそ、不毛な質問だけど。体よく扱える遊ぶ相手に女だってウソつくし)

 

目が輝く俺君。

 

「俺と一緒に居たいけど、俺君には目指す仕事があるから、

その邪魔はできない。

体が弱いから、働くこともできなくて子供の面倒でいっぱいいっぱいだけど、

そのうち、俺君と一緒になりたいな。って言われた」。

 

どうやら、この彼女のセリフを信じている様子だ。

本当にそうなら、いいのだけど。初対面のこの人の思い人とのやり取りは

もちろん知らないから・・・

「そうかー」

って!!!

 

くっそ詰まんねー呑みだな!

くっそ!!!!と、思いながら、

いじわるを言う。

 

 

「そもそもさ、年齢的には適齢期だけどさー、

結婚したい人は感情で流されない方がいいのでは?

子供がなついてるからって、面倒見れるの?

出会ってどれくらいの彼女なの?」と、酒がつまらないと判断した私は

恐らく、俺君も大人の男性なら考えてるであろう事を言った。

 

出会ってからは半年過ぎたところ。

毎日、彼女からLineが来る。

いつも、会いたい、会いたいって言ってくる。

一緒になれたらいいのに。っていつも向こうが言う。

仕事の収入が低いから、今度の仕事で力量が試されるから、

それを頑張るんだー!

 

という内容を聞いた。

最終、私、あほらしくて

店で一番高い銘柄の日本酒を飲みました。

 

なんだ?これ?

そもそも、女の子じゃないし。

間男が飯代浮かすために呼び出された感じだし。

 

二軒目出るとき、俺君はかたくなに財布を出しませんでした。

銀行に寄った意味!!!!!!

 

高い会計だったけど、都内で飲むと高い酒でしたが、

この銘柄がある店は中々ないので、味わえたので

良しとして、帰路につきました。

 

財布を出さない姿勢に腹が立ったので、それ以来連絡してません。

この時、

お金が無いのはきついので、「お金が無くても」なんて綺麗ごとだよ。

ある程度、収入があって生活できて、貯金が出来ないと、

生命の危機を感じると人って豹変するから、恋してる時だけだよ?

恋に酔ってる時だけだよ?

って不要な一言を言ってきたんですけどね。

 

飯係に認定されたんですかね?

 

相手から、またあそぼ―ってきたけど、

マジ、割り勘する気も無いやつ無理なので、ぶった切りしました。

 

SNSってみんなこんな感じなの?

 

あぁ、向いてない。SNS・・。