Garakuta集め

出会いにタカラモノもガラクタもあった。

自分が生まれた時の話

タイトルの話題で職場の同僚と話をしていた。

 

 

そういや、自分は

 

母親にとって、初出産で安定もしていたので、

自然分娩で予定日に出産予定だったらしい。

 

が、当時の主治医の

「おもいっきり個人的な理由」

に、より出産が一日早まったそうだ。

 

その理由とは・・・・。

 

主治医の、その日はゴルフがある。

 

という理由らしいが、これも、両親は後から知る事になる。

 

なにやら、

母は主治医から

「もう、出産しても大丈夫なので、今度の〇曜日に出産しましょう」。と聞かされ、

「あれ?一日早くない?」と思ったそうだが、先生がそういうなら。と、

促進剤っていうの?なんか、そういうの使って私が

ボンって生まれたらしいのですね。

 

ボンっ!なのかは、判りませんが。

その時、父は近くで見守る。といっても、当時は立ち合い出産というのが

なかった(その病院だけかもしれないけど)から、どっか近くで待機してたのかな?

私が生まれた後、直ぐに「主治医がゴルフ行きたかったから」が判ったらしい。

 

無事に出産も出来、明日はゴルフいけるぅ~。みたいなのを漏らしたらしいんですね。

それを聞きつけたんですよ。

 

それを父が覚えていたらしく、

「あんた生まれた日って言うのはね、本当は一日早いんだよ。

私、仕事早退して病院いったんだよ~。医者が接待ゴルフ行きたかったらしいんだよね」。っていうのを、ちょいちょい、子供の頃聞いていた。

 

当時は出産ブームも最後になってきている年代で、

予定日を調整される事もあったそうだけど、まぁ、特に

親もなんも思ってないし、自分も、へー。位しか思ってなかったけど、

子供でしたし。

 

今思うと

「私の人生って生まれるときから、

人の手が加わってたんですね」。

 

っていうか、

 

「操作されてる」というか「操作された」感があって・・・・・。

 

人って

死んだら自分の棺桶を自分で選べないって言うけど、

自分の生まれる日の予定も人の手によってっていう所あんだなぁ。と、

妙に勝手にこの話題で自分の出生の話を思い出して納得した

 

同僚との話の中でも、そういう話出てなかったからね。

予定日にちゃんと出てきたか。というと、お母さんの状態にもよるだろうしね。

 

 

まぁ、自分は自分ですからね。

私の誕生日=ゴルフを優先された。というのは、笑い話になるだろうか・・・。

 

そんな事を思った。