Garakuta集め

出会いにタカラモノもガラクタもあった。

40歳になったら楽になる。

タイトル。

 

 

これ、

 

 

昔、モデルのRikacoがなんかのテレビで言っていたと覚えてる。

物凄くうろ覚えで、今、その40歳の大台に乗ったのですが。

 

「現実とどう戦うか」に時間の焦りなど

「目の前の事に一所懸命過ぎて周囲を見渡す余裕が無い」

様な内容だったと思うが。

 

丁度、子育ても慌ただしく40過ぎるとひと段落もし、

自分を顧みる余裕が40にもなってくると出てくるのかな。

 

という様な内容に感じた。

 

丁度、そのころ、たまたまそのトーク番組を見ていた私は、

20代でやりたい事の道にも進まず、

結婚をして、なんやかんや、30代前半で介護を目の当たりにして

精神的に忙しなかった。

 

40歳になれば、なんか色々楽になるんだ~。ぽわーん。と思ってた。

なんか、女が言うリアルを感じこのトーク番組でサラッとみた

内容が印象付いてて、なんなら

楽したい人生を送りたいから、「なんか40になったら楽になるから」と

勝手に思い込んで、介護も家事も主婦業も頑張ってた。

 

今、40になって

 

「女は40になったら楽に楽になる」って

 

30代の時は体調の変化が良くあって、

私ときたら、老々介護もして

離婚もして、暫く精神も落ち着いてなくて

右往左往してたけど、なるほどね。

 

痛い目にも辛い事もあったけど、とりあえず、

自分に起こった不遇も自分で招いた失敗も

上っ面では無く真摯に受け止めますよ。

 

そして、若い子の話が鳥のさえずりの様にも聞こえるよ。

経験や体験や感じた事も大事なんだけど、

 

 

一番は、

大概の周囲の主張も

 

「あら!そうなの?」と受けて流す

スルースキルが身についた事である。

 

ある程度、自分のこだわりとかどうでも良くなる。

どうでも良くなる。は、語弊か。

うんうんってひとまず、聞く。

で、うんうん。から、へー、そうなんだ。

それは、それは。

の受け答えで答えを言わなくなる。

「自分で乗り越えられるよ」。って思ったら言う。

フツ―なんだけど、一緒に深く考えない。

相手の質を信じてる意思表明をする。

 

 

完全に近所のなんでも受け答えに「うんうん」言ってくれそうな

おばあさんの様にはまだ行かないのだが。

 

人を否定しないで、肯定もせず、寄り添えるって凄いと思うんだけど。

 

そこまで行かないけど、自己の立て直しも

ある程度出来るようになってきたように思う。

 

40に成ったら、女は体調が色々変化を感じると思うのだが、

それにより、精神的にも色々ろ自身で工面をしていかないといけないと思うけど、

経済的な余裕や精神的安定という

楽はどこまで行っても来ないと思うけど、

見方は年齢を重ねると体験も重ねるから

都度変わるから、ある程度自分を「楽」にしてあげられるんだな。

とは、思うようになってきた。

 

けど、やっぱり自己調整が上手い人は、

そういうのを年齢関係なく上手く切り抜けてんじゃね?って思う。

 

とりあえず、仕事辞めたいので「楽」では無い。